同仁学院 運営方針

<長期養護目標> 基本目標

「全ての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術を持って育てられ、家庭に恵まれない児童には、  これにかわる環境が与えられる。」児童憲章より
この児童福祉理念の実現のために、早期家庭復帰の実現と家庭的養育の実践に職員一同で取り組むことを基本目標とする。
①早期家庭復帰の実現については、家庭復帰または家庭機能の回復のために関係諸機関と連携しながら、児童の本来の家庭で生活できるように支援すること。さらに、社会的養護が長期化する児童に里親への委託を検討することなど。
②家庭的養育の実践については、家庭代替機能として、グループホームの実践と小舎制養育による生活環境の整備と健全な精神発達の保障のための養護をすることである。

<短期目標> 本年度重点目標

  1. 権利擁護の確立
    子どもの権利条約に則り、児童の「最善の利益」を保障するために権利学習の取り組み及び、各種条約の整備を行う。
    個人情報保護規定・情報開示規定・文書管理規定・ヒヤリ・ハットなど
  2. 生活の質の充実
    食事作りを生活の中に完全に位置づけることによって、寮舎内での一貫した生活を確立する。
    学習環境を整えることによって、基礎学力の向上と高等教育の実現を強化し、より確実な自立の保障を図る。
  3. 埼玉県児童自立支援計画書・家族支援プログラムの導入
  4. 中堅職員の技術向上
    児童ケアの最も重要な役割を担う担当職員の対応力向上のために、リーダーとなる職員の更なる技術の向上を図る。
  5. 文書管理システム
    各寮舎の児童ケア内容の透明化、文書管理のシステム化、業務の省力化を図ると同時にデータ化することで客観的な養護評価の視点を持つ。

支援目標

  1. 安心して暮らせる寮であること
    1)基本的な生活習慣を身につける
    2)あいさつを交わし優しい言葉遣いをする
  2. 住環境の整備
    1)室内外ともに気持ちのいい生活環境作りをする
  3. 良い食生活の習慣
    1)体に必要な栄養やバランスだけでなく、食生活全般についての知識をもつ
  4. 学習する習慣
    1)基本的な学力をつける
    2)時間を決め勉強する
  5. 児童と家族の支援
    1)児童とその家族の抱える問題に耳を傾ける
    2)児童自立支援計画に沿って、関係諸機関との連携の上、早期家庭復帰を図る
    3)被虐待児を含む児童とその家族の機能回復のために、治療的養育を行う
  6. 職員の専門性の向上
    1)施設内外で行われる諸研修に積極的に参加する等、自己研鑽に努める
PAGETOP